琉球四柱推命 天方夜譚(scheherazade シェヘラザード)運命鑑定所

あなたの天命を見つけよう!!!人生に悩める方、向上を求める方の運命コンサルタント

0000360409.jpg

HOME ≫ sche's essay ≫

scheherazade's essay

MSの人工知能会話ボット「Tay」、差別発言連発で停止というニュースから

天地創造図
MSの人工知能会話ボット「Tay」、差別発言連発で停止 (AFPBB News)から
 
『Tayは、10代少女という設定のAI会話ボット。
悪意あるネットユーザーらがさまざまな「悪いこと」をTayに教え込んだため、
憎悪に満ちた人種差別的な言葉を連発するようになった』という。
 
これが、”人間の10代子供”であったとしたら?・・・
否、それは”大人であっても同じ事”が言えるだろう。
教育というモノは、人の運命に於いて各人にもたらす事象を、
どれほど大きく左右するのか?
という問題が図り知れるお話しだと感じます。
 
『戦争しか知らない国の子供達』『間違ったジハードを信じる人達』
『独裁政権下の人達』『かつて”軍国主義”であった国の人達』・・・
また、人間には10年に一度、天体エネルギーの影響で、心身に色々な変化が起こります。
中でも、
目新しいことを探して彷徨う時期
知識欲が強まり、吸収力も高まる時期
が、非常に強まる(あるいは弱まるとも言う)時期に落ち込んだ時
学問を習得すべき時に、産まれてしまった時にはどうなるのでしょう?!
 
献身、信仰の対象とするものは基本的には個人の自由だと思います。
しかし、その信仰する対象がもし、間違っている思想であるとしたら?
自分以外の何かの為に献身的に尽くしてしまう場合、
盲目的な奉仕へ向かう事があります。
それが高尚な理想のあるもので、本当に価値のあるものであれば素晴らしい献身となりますが、
時には反社会的な目的を持った団体、個人に対する奉仕であった場合・・・
思考力を働かせずに何かに強く献身してしまい、
物事の善悪を自分の頭脳で考え
自分自身で結論を導き出す事が出来なくなることもあります。
これはもう『人工知能会話ボット「Tay」』同様の事態と考えられます。
間違った方向に向かってしまうと、
運命にとって危険な兆候が出てきます。
犯罪に巻き込まれる、自らが犯罪を起こす、事件、事故、病気・・・
いじめ、差別、あらゆる犯罪の兆候・・・ 戦争もしかりと思われます。
 
琉球四柱推命では、そういった『周期の変化・深層心理の偏り』
を読み解くツールを持っています。
私達琉球四柱推命士は、皆様にそのような運命の真実をお知らせし、
内面性や生き方を修正し、調和と完成にお導きさせて頂く事を役割としております。
 
『人生で何を学ぶか?!』という事は、
終わりのない旅のようなもの。
各人が自分なりのテーマを持って、
何度も生まれ変わって、自分のテーマに挑戦し学んで行きます。
それをクリアできればさらに次の高度な目標ができます。
琉球四柱推命では、各人の”才能を読むツール”も持っています。
「好きこそ物の上手なれ」という諺通り、愛着しているものが
成長出来る対象という事なのです。
早い時期から資質を見極め 、才能を開発するのはとても重要な事だと思います。
 
学び、生きるという意味を知ると人は強くなるでしょう。
『周期の変化・深層心理の偏り』『各人の才能』を正しく知り、
運命を更に良きものへと開運しませんか?
 
マララ・ユスフザイさんスピーチから・・・
こちらも合わせてお読み下さい!

4月・師匠の教え『運命の道筋』

ペルセウス
なぜ生年月日から運命が読めるのか?
四柱推命では、人間は、自分に個性をもたらす特定の星のもとに生まれている。
と、考えています。
西洋占星術と同様な、星の運行を使って計算しているのです。
人間は全く異なる星の下に生まれてきています。
心理バランスの良い人、バランスの悪い人、自我の極端に強い人に弱い人、
皆、異なる様々な運命を背負って生まれてきています。
太陽は惑星全体に光を与えています。太陽から出た光が木星、火星、
金星などを照らし出すように、”自らの個性”から出た意識の光が運命の全体を照らし出します。
それによって運命全体が反応し、その反応全部の答えが”個性”に再び集約され、
それが自分自身の全体的な意識となる訳です。
”個性を意識の中核とする心理構造”が人間の内面にはあり、
その心理構造が運命に対して大きく影響を及ぼしていると考えられています
 
「運命は偶然に生じているのではなく、深層心理の衝動によって動いている」
 
「深層心理の動きは自然の摂理に従っているのでそれを読めば運命が読める」
 
”運命というのはあらかじめ全て定まったもの”という事ではありません。
しかし、人間の意識の底には運命的な「設計構造」というモノがあり、
各人もその大きな影響下に位置し、運命的な流れの中で生きているのです。
その『心理的設計構造』というモノから運命を読み取っているのです。
 
琉球四柱推命では『霊学』というモノも取り入れて研究されており、
今生で起きる原因にまで遡るという事ができました。
この様なスピリチュアルな事象については、
最近、一般的な知識となりつつありますが、
『霊学』では「人間の人生は、前世のカルマ(業)に規定される」
と説かれています
 
前世という原因があり、その結果が次の人生に反映される。
『霊学』ではそのように教えられています。
前世のカルマ(生きてきた行為など)が、
次の人生を規定していることになるのでしょう。
昔から「星の下に生まれる」ということが言われていますよね。
 
人間は誰しも、自分に個性をもたらす特定の星のもとに生まれているのです。
 
運命は偶然にそうなったわけではなく、
各人がその星の下に生まれた必然的な理由があるのです。
それは自分自身が生まれる前に計画を立て・課題をクリアするという約束をしたのです。
結局、どんな人も自分の運命を受け入れないと云う事は出来ません。
しかし、それは本人でも覚えていないのですが…
時折、不思議な体験をする事ありませんか?
誰しも、10年位に一度、前世の記憶と結びつく時期があります。
そういう時期を知るツールを、琉球四柱推命では持っています。
 
琉球四柱推命によって、運命を知る事は自分の人生傾向を知り、
魂的な観点から人生を反省することでもあるのです。
自分の運命のみならず、周囲の人達の運命も知り、
どのような因果関係なのか?法則性なのか?を知ることにより、
自分に与えられた環境と運命を理解する事で、
さらに今後の人生を豊かにしていくこともできるのです。
 
琉球四柱推命は、単なる占いではなく、
各人の未来の人生をより良く変えていくためのツールであると思っています。
 
私達、琉球四柱推命士は皆様の運命や、深層心理の偏りについて真実をお知らせし、
生き方を修正し、皆様の内面を調和と完成に導く為のお手伝いをさせて頂いております。
 
琉球四柱推命の世界を一度覗いてみませんか?

「出産手遅れの女性は社会の捨て石」発言に泣いた。というニュースから

シェヘラザード2
「出産手遅れの女性は社会の捨て石」発言に泣いた。というニュースから
 http://news.line.me/list/oa-president/1jeo9j2294s36/qxl2aptn4bxe?share_id=OTC57157430572
 
私自身もこの様な、理不尽に肩身の狭い思いを味わう事があります。
「その年齢で、自然妊娠出来ると思ってんの?もう、無理やで。不妊治療の話聞く?」←大病院の経営方針か?
「こんな時代に子供なんて産んでも子供が可哀想や」←これが婦人科医者の本音か?
「出産費用申請の仕方知ってる?」(初産妻を持つ方談)←子供の居ない私に聞く?
「子供の出来る方法500円で教えたろか?」(夫側親戚のオジサン談)←破格の方法?!聞きたかったわ!
と、笑えるようなオチまで・・・
 
四柱推命の【命式】と呼ばれる運命解読ツールの中には親、自己、配偶者、子供が住み着いています。
これは単なる象徴ではなく、それが実際の人間関係を生じる原因となっていますが、
ただそれは命式の中で完結するのではなく、大運や年運といわれるモノも深く絡まって
運命が動いているのです。
人間が、人間として今生に産まれ出てきたのには、
各人の”前世に於けるカルマ(業)の解消と学び”を修練する為であると、
琉球四柱推命では、説いています。
 
お子様に恵まれない女性の多くに見られる【命式】には、共通するモノがありました。
【命式】全体に”家庭・家族に関する運命的問題”が出ている。
【カルマ】としては、家庭・親・子供に関するカルマの解消と学びという背景が見られる。
それらは、自らが「学び、解消する」という約束と決意を持って産まれてくるものなのである。
自ら、そのような棘の道を歩むべく、女性として産まれて来た方達なのであろう
と、琉球四柱推命では見ています
 
ニュースの本文に以下のお話があります。 
『男女雇用均等法第1世代だったり、第二次ベビーブーム生まれの団塊ジュニアだったり、
いまアラフォー以上で“よく勉強のできた”女性は、
「男女の能力の差なんかない。女の子だって、勉強も仕事も頑張れば、
社会に貢献できる優れた人材になれる」と教わって育った。
ごく一握りの優れた天才・秀才女性たちをロールモデルに、
「世の中にはこんなに優れた女性たちがいるのよ」と見せられ、
自分も優秀ならああなれると信じて育った。裏返すと、
そうならないのは大人たちが自分に寄せてくれる期待に対する裏切りであり、罪だったのだ。
でも、そのマスタープランは実現可能だったのだろうか。
ひょっとすると、どこか上の世代の女性が自分たちにできなかったことを、
若い世代へ託した夢物語、敵討ちだったのではないかと、
今になって疑いの気持ちが生まれている。
能力も可能性もあったのに、自分たちは社会で“立派な仕事”を持って、
貢献することができなかったことを悔やむ母親たちが、
娘世代に希望を託したのではなかったか。
だから、勉強や就職や出世の部分は完璧なレールを敷設したけれど、
結婚出産の部分だけは計画がぼやけていた。あるいはごっそり欠けていた。』
ここから見えてくるモノは何でしょうか?
過去幾多の戦争により、世界中で多くの国民が犠牲となりました。
”愛する家族”を”夫・子供”を失った母親・妻がどれほどいたでしょう・・・
戦後「産めよ、増やせよ」とベビーブームも到来したものの・・・
今も、昔も”女性に課せられた課題の難解さ”を、誰か気づいているでしょうか?
運命が、過去の罪に於ける清算として、人類に子供を与えないとしたらどうでしょう?
このニュースの背景には”人類全体に対するカルマの解消と学び”があると思いました。
 
女性個人の『産む、産まない、産めない、産まれない』の問題では済んでいない、
それが『運命』というモノだと考えています。
しかし、政府、世界は再び歴史を繰り返すような方向に向かっていなくもないと見た場合、
運命はそうならない様、人間に与えた知恵は、子孫を作らない事なのかもしれません。
琉球四柱推命の運命鑑定では、過去の戦争体験によるカルマによって、
奇しくも子供に恵まれない【命式】を持つ方を見る事があります
 
以下の本文から見える事は・・・
『「ダンナは要らないけれど、子どもはいるといいわよ」……』
琉球四柱推命の運命鑑定では、前世において、子供の大出世により恩恵を受ける事が出来た方は、
結婚・異性より子供を欲する【命式】を持つ方を見る事があります
 
以下の本文から見える事は・・・
『子どもを持ちたくない、産む意思がない女性からは、その理由として
「母との確執」「幼い頃の経験から、自分が子どもを産み育てたいと思わない」
などの声が上がっている。
そこには、まるで母世代の借金を娘世代が一生かかって払うかのような、
上の世代の女性が下の世代の女性に負う責任の重さ、何かの連鎖を感じさせられる。』
琉球四柱推命の運命鑑定では、確かに”前世において親とのトラブル”が原因で、
自分が親になる事への不安、愛情、家族、子供に関する問題のある
【命式】を持つ方を見る事があります。
 
だからといって、【命式の運命】そのままに流されるのは良いことではありません。
本当の運命の在り方、向かい方とは
それをのり超えて良い親子関係・人間関係を形成していくこと、
それが開運の秘訣である!と、
琉球四柱推命では、いつも説いていますね!?
 
実際の親子関係・人間関係にはさらに複雑な事情があって大変なこともあるでしょう、
しかしこれも自己、そして家族から流出した運命である、
ということを各人が理解出来れば、
私達はそれを乗り越えて、次の段階へ行く事が出来るのです。
 
どんな人も、運命の問題点は家族から発生しています。
人間関係の修行は、まず家族から始まっていると言っても過言ではありません。
しかし、訳があって今生では子孫が残せなかった、既に親は他界してしまったという方も、
今からでも遅くはありません
 
若きを助け、老いを敬う事が出来れば、運命はまだまだアナタを助けるでしょう
 
”忍耐強く子供に愛情をかけて正しい方向に導くということが、自分の運命を良くする秘訣”
と、琉球四柱推命では説いていますが、
アナタの周りに居る後輩に愛情を持って育ててください。
アナタの周りに居る先駆者を敬い、自分への叱咤激励と感じて下さい。
”相手の為を想い行動する”という事を心がけて下さい。
全ては、そこからなのだと、私は信じています。
 
この様に、どんな事象にも”理由”があります。
気にする事はありません。
琉球四柱推命で、”運命の理由”を解明してみませんか?!

シリアの子供の3人に1人が 「戦争のある人生しか知らない」…という記事から

地獄への入り口
国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)はシリアの子供の3人に1人が 「戦争のある人生しか知らない」とする報告書を発表しました。
http://www.afpbb.com/articles/-/3080425

日本では『戦争を知らない子供たち』が生れています。
戦後70年、日本はとても平和ですが かつて、日本も戦争を起こしています。
私たちは先の戦争について、その理由と歴史を明確に知り、
十分な学習をする必要があると思っています。
ドイツの学校では、『かつて国民自ら選んだ指導者により とてつもない過ちを犯した事』
について勉強しています。
そして、大いに反省していると聞きました。
外国の内戦 、ある国を名乗る集団のテロ行為、
宗教戦争とジハード あの国による長距離弾道ミサイルの発射、
遂には日本でも集団的自衛権の行使等・・・
大義のある戦争などあるのでしょうか?
これから世界は、人類はどこに向かおうとするのでしょうか?
琉球四柱推命において、戦争行為とは人権、民主主義、平和、平等などの
人類が学んできた歴史を否定し、 先祖帰りの状況に陥っているという事だと考えます。
文明が過ちを犯すからと大義名分を唱え、かつての領土を取り戻す為…
と言っても、 苦労して人権、民主主義、平等、博愛ということを学んできた私達は、
古代の世界に返ることはできません。
古代日本でも内戦もあり、罪人の公開処刑もありました。
そうした野蛮な精神を持つ人は、死後も野蛮な世界に赴き、
天国になど行けるはずはあり得ません。
全ての人間は死後に『アストラル界』という世界に赴きます 。
そこにおいて人間は生きていたときの人生を振り返り、
戦争に加わった人は再び戦争思念の世界に赴きます 。
魂の中にある記憶の再現 として殺し殺された人はその記憶が残存しているので、
その記憶を持つ間はそうした戦争思念の世界 に死後も赴くのです。
しかしそこでは身体がないので、死ぬこ とはありません。
ですから何度も殺されては生き還り、何度も死ぬこと を味わい続けなければなりません。
また自らも殺し続けるという思念の世界です まさに、地獄そのものですね 。
そうした世界は『アストラル界』と言われる処に実在しており、
生きている時に戦争に参 加した、似たような心的傾向を持つ人々等が集まり、
死後も同じことを繰り返し、 数十年から百年位の時を、
その人の記憶が完全になくなるまでそれを続けていると説かれています。
記憶が完全に無くなると、全ての人はさらに高い次元に上って次の人生 を眺望し、
再び生まれ変わる事が出来ますが、しかし前世のカルマが残存して いる為、
次の人生においてカルマの結果を受け取らなければなりません 。
『因果応報』として、悪い関係のカルマを作り、災いの力となってしまいます。
戦争はどんな大義・理由があっても許されるものになってはいけません。
戦争は人間が原始時代へと回帰する退行現象と思います(野蛮人という事ではないでしょうか?)。
賢者・懸命な人は戦争を避け、戦争につながる一切のことに干渉してはいけません 。
『因果応報』として、助け合える力、関係を作るカルマへと変えるべきでしょう。
すべての人はこの様な輪廻の世界の中で生きていると説かれています。
そのつけはすべて自分自身に返ってくるのですから、
誰しも戦争と運命の真 実を知り、知恵を身につけていかなる戦争も回避するような生き方を、
模索す るべきではないのでしょうか。
それが未来の自分のため、家族のため、周囲 の人のためにもなるのです。
本当の意味でのジハードとは何か?という事をもっと勉強して考えるべきだと思います。
日本もかつては戦国時代がありました 長くかかって反省、勉強、努力をして、
今、世界的に比較した場合、日本はとても平和で安全な国になったと思っています 。
琉球四柱推命では、『人間関係を良くする』という事を先ず一番に説いています。
 世界中の人々が『人間関係を良くする』という目標に向かっていけることを願っています 。
それはとても広大な夢だけで終わらないようにしたいものです。
一人一人の想い、努力が大きな力となるでしょう!
テロ事件に巻き込まれてしまった方々、勇敢に立ち向かった方々、
お国のため、家族の為闘っておられる方々、内戦国の子供達に、
私達は学ばせて頂いている事を決して忘れてはいけませんね。
上記の方々に感謝と哀悼の意を込めて…

【小学校の先生が描いた「道徳漫画」に心が温まる
という記事から…

【これは子どもに読ませたい! 小学校の先生が描いた「道徳漫画」に心が温まる
 http://curazy.com/archives/130399】
という記事から…
 
大変素晴らしい漫画に感動しました
このお話も『人間関係を良くする為には』
という処へ繋がっていますね!
 
子供達は純粋で素直であるからこそ
この次期にこのような教育を施すのはとても有効な事ですね!
 
”人間関係における教育”というものは本当に大切です
 
琉球四柱推命では、どんな人にも運命上で
『カルマ』という宿命と学びを与えられていると考えています
前世から持ち越し、成し得なかった問題・乗り越えるべき試練
があるという事です
 
それは、どのような”乗り越えるべき試練”なのでしょう?!
それは、すべて『人間関係』なのです
 
輪廻転生の研究が進められている中で
人間の運命上では10年に1回の3年間、100年で1回の10年間に
前世のカルマを振り返る時期というモノが巡って来ると考えられています
その時期は各人によって違います
良く言われる、”厄年・大殺界・天中殺”というのは
琉球四柱推命では、そのような時期は各人で異なると考えます
 
そして、全ての問題点は『人間関係』の中にあるのです
 
琉球四柱推命では、100年に1度訪れる『運命最大の10年試練』を
一番のメイン課題と考えています
その『10年試練』が幼少期に訪れる人は親との関係、
恋愛期は恋人との関係、中年期は家庭との関係、
晩年期は子供との関係に問題が生じているとみています
 
私自身には幼少期がソレでした
本当に母親との仲が最悪でした・・・
琉球四柱推命を学ぶにあたり、母親と和解することが出来ました
実に、50年!かかりました
以後、他人との揉め事も、まず一歩踏みとどまり、和解に持ち込める様になりました
 
この様に考えると、運命の問題に最も重要な『良好な人間関係の育成』は
全て、家庭内にある!という結果が見えてきませんか?
 
家族を通して人は学びと成長をするように宿命づけられているのです。
夫婦は互いを想い助け、親子も互いを想い助け、
家族を責めるのではなく、共に妥協点を見出して互いを理解していく
そして円満な心を育みましょう!
その行動は自然と他人にも向けられるでしょう
 
琉球四柱推命では、最も大切な事は闘争のカルマを作らない
平和と友好のカルマを作ること!を目標にしています
 
その学びの中で『言葉』というモノはとても重要なアイテムですね
 
皆様もご自身の『カルマ』を知って
運命を良きものへと向けませんか?
琉球四柱推命が皆様の『友好の虹の架け橋』となりますよう
誠心誠意、お手伝いさせて頂いております

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?
最も長期に渡る幸福の研究から

お友達からこんな素敵な情報を頂きました。
この素敵なTEDトークを見てください

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?
最も長期に渡る幸福の研究から
画面下の≪+追加 →共有 ・・・その他≫
のその他をクリックしたら、『文字起こし』というのが出るので
それをクリック!
下方に日本語にて台詞が出てくるので
是非!是非!ご視聴してみて下さい
感動の研究結果オチです!!!(感涙!)
 
琉球四柱推命に於いての、『開運とは・・・』の項に繋がりますよね!

師匠から今月の教訓【開運の極意とは?!】

【開運の極意とは?!】
 
『幸せになりたい❗』誰もが願う事ですよね
私も当然そう願っています
人によって『幸せ』になる為のアイテムは異なりますが、その為の『開運法』を知ろうとしますね。
琉球四柱推命では、他人とトラブルを起こさないことが一番良い『開運法』と説いています
人は人と争うことで自分自身が内的に持つ「創造
的な力」を破壊しているということです。
相手の怨念❗これが、あなたのすべての願いの念を打ち消してしまうという事です。
願っても願っても、何もかなわないという悪循環に陥ってしまいます。
自分の運命にとって、そら恐ろしいことになるという話です。
他者との関係を大事にしない事で、他者から恨まれるという事を先ず一番に考えねばなりません。
どちらがどう良いとか、悪いとかいう事に拘わらず、他者との関係は常に冷静、かつ慎重に保って行くべきだと理解して下さい。
他者と問題を起こしてしまうと、カルマは未来に必ず、何らかの形で、自分自身に返って来るでしょう❗
この恐ろしい事実を肝に命じて居てください。
他人との争いは絶対に避けるべきなのです❗
「他人との争いを避ければすべて思い通りになる」、ということを念頭に置いてください。
これが「開運法の極意」だと、琉球四柱推命ではお薦め実践しています。
どんなに願望を願っても、全くも実現しない人は、他人から怨まれていないか❔
また、過去に悪いカルマ(人ともめること等)を作った事があったのでは?
自らを省みて下さい。
ま、ま、済んでしまった事は仕方ありません、
今、この瞬間からは少なくとも揉め事のカルマを作らない❗❗という生活を目指してください。
そうすることで、あなたの未来の運命は、来世は
自由で、楽しく、飛躍していくことでしょう!
 
実話、私自身にも言い聞かせている事なのです
社会生活の中で、人と関わらないで生きて行くことは一番困難な事ですからね…

これってもしかして・・・無視してはいけない「5つの直感」と云う記事から・・・

これってもしかして・・・無視してはいけない「5つの直感」
この記事から・・・
琉球四柱推命では以下の様に読み解いています!
 
①『悪い予感がする』
  潜在意識が不調和な状態にある時です
  常識を司る機能が麻痺し、抑圧していたストレスなどが
  意識に入り込み、正常な日常生活が困難になっている状態です
  何をしても、駄目な時は心身ともに休むのが一番です
②『いい感じ』
  潜在意識の中にある「身体」の衝動がとても良い状態で
  強くなっている時です
  身体活動が高まり、外出して動き回りたくなっているのです
③『誰よりも上手く出来る』
  人間の個性は千差万別。向き・不向きはあって当たり前です
  アナタは本当に自分に向いている能力を知っていますか?
  まだ秘められた意外な能力が見つかるかも!
  琉球四柱推命では瞬時にアナタの得意分野が分かります
④『助けなきゃ』
  自分が幸せであって初めて、他人を思いやる事が出来るものです
  アナタが他人を助ければ、必ずアナタも助けられます
  アナタが他人に恩恵を与えると、必ずアナタにも恩恵が与えられるでしょう
  琉球四柱推命でアナタの本当の幸せを見つけませんか?
⑤『何だか具合が良くない』
  ①と同様の感じとも言えますが
  潜在意識の「知性」が強くなっているとした場合
  非活動的になり、外出が億劫になります
  そんな時は、知識や情報に関心が向いています
  本を読んだり、TVを見たり、知的財産の収集をしましょう
 
この様な潜在意識の変化は1日単位から10年単位の周期で巡ってきます
これらの周期を上手く利用することで、運命は劇的に変わります
 
琉球四柱推命では、これら”潜在意識”の状態を可視化出来る
運命表やメンタルグラフ、深層心理図、開運カレンダー等の
人生において、非常に有効なツールを持っています
これらを使用し、アナタの人生をより効率的なものになりますよう
お導きさせて頂いております
休養の時、修行の時、危険回避の時、行動の時
今の自分の状態を知り、確実に運命を味方に付けませんか?

鑑定士
scheherazade
(シェヘラザード)・澤村

鑑定士 scheherazade(シェヘラザード)・澤村

四柱推命鑑定士の父親の元に産まれ、父亡き後、世界を放浪しながら自らの運命と魂のルーツについて独学。2011年に琉球四柱推命に出会い、八島高明師匠に師事する。亡き父の意思を継ぐべく四柱推命鑑定士としての活動を決意、現在に至る。

お問い合わせ

『運命を良くするには
自分のmindをgoodcontrolする事です』

運命には法則性が有るということを理解し、 自分の運命の流れを知る、そして良い方向へ改善しようと努力することなのです。

モバイルサイト

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所スマホサイトQRコード

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!



師、曰はく『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』という事

人生には「運命の周期変化」といわれる重要な法則があります。それは10年ごとに訪れます。
その急な変化があった時に、「祟り」等の霊的な事だとか「方位が悪い」とか、何かのせいにしてしまいがちです
そう言った事も、有るかもません。例えば金縛りに会うとか?何かを見た!とか?しかし、そう言った事も科学で解明されているようです。各個人で生じる「運命の周期変化」を琉球四柱推命でも、学問として証明出来る事が可能になっています。