琉球四柱推命 天方夜譚(scheherazade シェヘラザード)運命鑑定所

あなたの天命を見つけよう!!!人生に悩める方、向上を求める方の運命コンサルタント

Pnk

HOMEブログページ ≫ 人間であるが故に堕ちるダークサイトに迫る!!! ≫

人間であるが故に堕ちるダークサイトに迫る!!!

Screenshot_20200402-152838_Chrome
私は時々、恐ろしいダークサイトに落ちる。

私は極普通の一般的な小市民である。
苦手だなぁと感じる人間も普通に居る。
万人を愛したいところだが、そう簡単な所業ではない。
実際自分の生活を、心身をかき回されるほど苦手な人もいたりする。

落ち込んだ挙げ句に事もあろうか・・・
「神様があの人に何かしらの重い罰を与えてくれないかしら」
等と思ってしまうからだ。
これはもう、ダークサイト以外の何物でもない。

占術師は時に怪しげな呪術師に成り代わる事も有るらしいというところの、
其処にまで行き着きそうになりかけるのだ。
事もあろうに『人様の幸せを導くお手伝いをさせていただく!』
という志など忘れてしまって、である。

こうなってしまったら、自分が他の占い師さんの所をさ迷いかねない程にだ。
しかし、自分の欲する答えは解っているし、
自分を解放する方法も戒める方法も解っている。
いい加減、夫に呆れられる位、何日も悩み続け、愚痴り続け・・・
友人達にもクダを撒き散らしてしまったりもしてしまう。

このような、クダを撒き散らす状態に落ち込む事は50ン年間の人生上で4回目位だ。
1回目は小学生時代→只々心内で他人に毒づく程度だった。
2回目は中学生時代→不必要(?)な自分の正義感で放った余計な一言で虐めに遭う。
3回目は30歳位の時→「そんな事やってると、友達無くすよ」と注意されたが多くの友達を無くした。
その時代により、些細な事やら、大袈裟な状態に陥り友人関係を破綻させるに至るまで多岐に渡る。
大人になるにつれて『事』と『次第』の大きさは右肩上がりになる。
ただ、私は自分の中の正義というヤツを消せないだけなのだが・・・

「あぁぁ~駄目だあぁぁぁ」と反省しつつ、
夫にも説教され床に入ったが、
自分が虐めに遭う夢で目が覚めた。
「うへぇ~~~」嫌ぁな寝起きだ。
気が付くと我が家の最年長猫が私のお布団に入ろうとしている。
いつもは1回暖まれば、すぐ夫の足元へ移動するのだが、
その日は、寝付かない私の為に3回も癒しに来てくれた。
以前2週間仕事を無くすやらかし事件の時、猛烈に落ち込んで、部屋の隅にて体育座りしている私の横に、
その猫が、ずっと寄り添ってくれた事がある。
我が家の癒し系猫達に悪い処は無い。
だから寿命が短いらしい。
人間は煩悩の塊だから、人生の長い間(大半)を、
それの修行に使う必要が有るから彼等より長く生きるらしい。
(故に『良い人は薄命である』との謂れもある)

今、我が身に起きている災いは、
前世から持ち越した自分の悪い面を直す修業なのだ。
だから、何としてでも修正しなければならないのだ。
でないと、何度も何度も同じ馬鹿をやらかす。

そういう時、同じ様な『修正すべき試練時期』に在る人を引き寄せてしまうのだ。
そういう人は肌で感じる。
嫌ぁな感じを受けるのだ、私の第六感が・・・

いや、これ以上引き摺り込まれてはならない。
必要以上に近付かず、当たり障りなくやり過ごすしない。

いつの間にか落ち込んだダークサイトからの脱出は、既に手遅れな事が多い。
しかし、入り口が解っているダークサイトからの出口ならば見つけやすいと思う。
私達、琉球四柱推命運命鑑定士として、この様な状態の事を『不和時期』と謂う。
※不和時期とは※
「全ての能力が低下しているので、仕事・人間関係に於いて困難、問題が発生しやすく、
被害妄想や強迫観念が生じ、重く暗い想念に支配されやすい時期であり、
それに合わせるように様々な障害困難が生じてくる。
この時期は潜在意識の中に溜まっている、過去の想念を浄化する時期だが、
非常に苦しい心理状態の出現により、現実の環境も苦しい状況となる。
苦しさのあまり、余計に状況を悪化させ、最悪の事例としては犯罪や、
他人とのトラブルが起こる。
犯罪などで関わる他人とのトラブルは更に苦しみを長続きさせる。
この様な時期は、あなたの人間性が試される試練の時期であり、
この試練を乗り越えられる人だけが、本当の幸福に至る事が出来る」
と、説いている。

また、『困難の中でこそ徳は磨かれ、その魂は美しい光を放つ』
と謂う言葉も聞いたことがある。

こういう時はなるべく静かに行動(静養)するのがベスト、
将来の為に、勉強等をして、心身の修練時期とするのが良いと説いている。

だから読書でもしようと思って、行き付けの本屋へ赴き、
アレコレ1万円強分買い込んできた。
外出も交際もSNSも断ち切り、引きこもり読書期間突入である。

先ず始めに手に取った本は・・・
敬愛し、My Bibleとしている作家さんのハードブック!
山田詠美女史の『珠玉の短編』


帯に記されていたのは、
~まやかしの珠玉、最高の顰蹙をあなたに~・・・
(顰蹙=まゆをひそめること。不快の念を表して、顔をしかめること。
自分の行為が原因で、世間の人から軽蔑され嫌がられること)
妖しさMAXである。
短編集からなるその本のなかには、
んまあ~上記の行いをやらかしている女達が書き並べられている。
考えさせられると言うよりも、
もしかしたら自分はまだマシな方じゃないのかしら?
この本の中にいる女と来た日にゃぁ・・・
今、私の心身を煩(患)わしている人の事じゃないか?
とすら思えて来た。
いやいやいやいや・・・自分も似たり寄ったりだよな・・・云々・・・云々・・・

一旦心持ちを取り戻したのだが・・・
まだまだ読書による修業の身。

次の新刊を読もうと思う。
京極夏彦氏の『人殺し』を今手にしている。


大丈夫か?自分・・・


皆様、このような異常事態に落ち込んでしまったときは、
それはもう地獄行きと思って頂きたい。
しかし!!!救済措置は有ります。
琉球四柱推命から『蜘蛛の糸』を下ろしましょう!
そのままスルスルと登って頂いた先には、
琉球四柱推命館が有ります!!!
私達琉球四柱推命運命鑑定士と共に、
光の扉を開きましょうぞ。
 
2020年04月02日 15:29

鑑定士
scheherazade
(シェヘラザード)・澤村

鑑定士 scheherazade(シェヘラザード)・澤村

四柱推命鑑定士の父親の元に産まれ、父亡き後、世界を放浪しながら自らの運命と魂のルーツについて独学。2011年に琉球四柱推命に出会い、八島高明師匠に師事する。亡き父の意思を継ぐべく四柱推命鑑定士としての活動を決意、現在に至る。

お問い合わせ

『運命を良くするには
自分のmindをgoodcontrolする事です』

運命には法則性が有るということを理解し、 自分の運命の流れを知る、そして良い方向へ改善しようと努力することなのです。

モバイルサイト

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所スマホサイトQRコード

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!



師、曰はく『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』という事

人生には「運命の周期変化」といわれる重要な法則があります。それは10年ごとに訪れます。
その急な変化があった時に、「祟り」等の霊的な事だとか「方位が悪い」とか、何かのせいにしてしまいがちです
そう言った事も、有るかもません。例えば金縛りに会うとか?何かを見た!とか?しかし、そう言った事も科学で解明されているようです。各個人で生じる「運命の周期変化」を琉球四柱推命でも、学問として証明出来る事が可能になっています。