琉球四柱推命 天方夜譚(scheherazade シェヘラザード)運命鑑定所

あなたの天命を見つけよう!!!人生に悩める方、向上を求める方の運命コンサルタント

若沖2

HOME ≫ 運命鑑定事例(活動状況)

運命鑑定事例(活動状況)

運命の二人

キリストの受難
『シリアの今』とあるビデオを見た。
 
9月14日のニュースで、『シリア、犠牲者30万人越える
9月15日には、『シリアで停戦発効』と出た。
 
9・11以降、アメリカでは15年間、イスラム過激派との戦いから抜け出せず、
中東の混乱を終わらせる事も出来ていない。
そして多くのムスリム達が、謂れの無い迫害を受けていると云う。
正当なムスリムの方達と、アノ国を名乗る武装勢力の集団とは、
全く別物と何故思えないのか?非常に残念な事だと思う。
人間は知恵と理性が有るのだから、感情論ではなく、
知恵と理性を持って正しいモノの見方をして欲しいと願うばかりだ。
 
日本からすれば遠くの対岸の火事的に見えてしまうが、
日本以外の場所で、日本人も例外なく犠牲になってしまわれた方が沢山居られる。
犠牲になられた方々とご遺族の方々には、謹んで心から哀悼の意を表します。
 
そんな関連記事を読み込んでいて、フッと思い出した。
犠牲になられた日本人ジャーナリストの方々の存在もあったのだと…
 
彼等が、どの様な思いを持って、戦地に赴くジャーナリストと成られたのだろう?
気になったので、その運命を考えてみようと思った。
 
今回は、シリアのアレッポ取材中、銃弾に倒れ、帰らぬ人となられた、
J-pressのM・Yさん…同じ女性として気になったのだ。
運命鑑定をしていると、多くの方が宜しくない時期に事件、事故に見舞われている。
しかし、M女史が亡くなられた時期を調べてみたが、
その様な暗い影を見る時期では無かった。「…?それなのに…何故?…」
あらゆる角度からM女史の事を調べてみると、
彼女に『事実婚関係にあるK・S氏の存在』に当然行きあたる。
「もしかしたら…これは?!」
K・S氏の運命を鑑定してみた。
なんと、彼の方に『不吉な影』がピタリとはまっていたのです。
『女性・仕事・事故等の問題が発生する時期』となっていました。
 
それから、お二人の運命表を照らし合わせてみました。
M女史の運命表から見えた事は、
23歳から33歳の間に、転々と仕事を変える傾向が出て来る時期でした。
1992年から1994年の間は『家族・生活・金銭等の問題』の卦が見えました。
M女史は1995年元の会社を辞めて、1996年S氏と出会います。
お二人の相性は良く、M女史がS氏を活かす関係性です。
お二人が事実婚関係となった1997年頃、S氏には結婚運が来ていました。
 
しかし、S氏には53歳から63歳まで、前世のカルマ(業)が現れる時期です。
『S氏の心理的な力が低下し、不安定な要素が生じてきます。
 慎重さに欠け、思い付きで行動してしまい、大きな失敗をする』というモノです。
S氏は「本当はMを連れて行きたくは無かった」という事ですが、
運命の歯車は危うい方の歯車と結合してしまったのです。
事が起こってしまった今更、『もしあの時…』は遅いのですが、
それでも私達運命鑑定士としては、
『もしあの時、お二人がソレを知っていれば、回避できたはずだ!』と、
思わずには居られないのです。
 
また、「M女史は結婚を望んだが、S氏は事実婚関係のみにしかしなかった」
と云う所にも、運命はお二人のカルマ(業)を知らせている事を読み解く事が出来ます。
M女史がS氏を活かし、S氏はM女史から活かされる関係性。
M女史の前世を読み解いてみますと、
『仕事上の権威を保って来た人。親に甘える事も無く、行動派。
 恋愛に失敗した業があり、異性を拒絶的に見てしまう』と出ています。
S氏の前世を読み解いてみますと、
『威圧的な異性と縁が深かったが、内心では相手(異性)を頼りにしていた。
 強すぎる異性に振り回される業が出て来る』と云う前世が読めました。
前世に於いてもお二人は夫婦であったかと見ます。
しかし前世では、M女史が男性で、S氏が女性であったと視ました。
そしてM女史には『戦争に関わったお役人』に出る命式が出ていました。
どこかの時代の戦争の歴史上に於いて、お二人は引き離された。
女性であったS氏は、男性であったM女史に心をかき乱されたまま、
戦争によって死別したのでしょう。
M女史には『愛する人を悲しませてしまった苦しみ』が残り、
S氏には『愛する人を失った悲しみ』が残り、結婚に対する拒絶感が、
深層心理に刻まれ、『事実婚関係』に留まざるを得ない現世となり、
前世の業が再びお二人を結びつけ、戦場へと向かわせたのだと読み解きました。
S氏の行動に於いて、色々な意見がネット上で見られましたが、
残念ながら、お二人の運命の歴史は繰り返されてしまいました。
S氏とM女史は明らかに『運命の赤い糸で結びついた二人』なのです。
S氏に於かれましては、悲しみが一日でも早く思い出に変わり、
前を向いて歩まれます様お祈り申し上げますと共に、
来世で生まれ変わったお二人には、幸せな結婚生活を過ごし、
二度と戦争に関わる事の無い人生を歩んで欲しいと願います。
 
運命の世界にはこの様な試練が誰にでもあり、現世に生まれ変わります。
そして、クリア出来なかった業をクリア出来るまで何度も輪廻転生を繰り返します。
 
アナタのパートナー・御家族との関係性はどうでしょうか?
良好な関係ならば喜ばしい事ですね!
しかし…そうでないとしたら…?!
琉球四柱推命を持って、人間関係の謎を解明し、私達運命鑑定士と共に、
良好な人間関係を築かれるお手伝いが出来れば、幸いに思います。
是非、琉球四柱推命にご訪問お待ち申し上げております。
 

コメント

鑑定士
scheherazade
(シェヘラザード)・澤村

鑑定士 scheherazade(シェヘラザード)・澤村

四柱推命鑑定士の父親の元に産まれ、父亡き後、世界を放浪しながら自らの運命と魂のルーツについて独学。2011年に琉球四柱推命に出会い、八島高明師匠に師事する。亡き父の意思を継ぐべく四柱推命鑑定士としての活動を決意、現在に至る。

お問合せ

『運命を良くするには
自分のmindをgoodcontrolする事です』

運命には法則性が有るということを理解し、 自分の運命の流れを知る、そして良い方向へ改善しようと努力することなのです。

モバイルサイト

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトQRコード

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 琉球四柱推命のオフィスファル
  • BASE
  • line_at
  • 0000338245.jpg
  • フェイスブック

『嵐の中で君に向けた歌』
Half time Old
おすすめの歌です。



師、曰はく『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』という事

人生には「運命の周期変化」といわれる重要な法則があります。それは10年ごとに訪れます。
その急な変化があった時に、「祟り」等の霊的な事だとか「方位が悪い」とか、何かのせいにしてしまいがちです
そう言った事も、有るかもません。例えば金縛りに会うとか?何かを見た!とか?しかし、そう言った事も科学で解明されているようです。各個人で生じる「運命の周期変化」を琉球四柱推命でも、学問として証明出来る事が可能になっています。