琉球四柱推命 天方夜譚(scheherazade シェヘラザード)運命鑑定所

あなたの天命を見つけよう!!!人生に悩める方、向上を求める方の運命コンサルタント

若沖2

HOME ≫ 運命鑑定事例(活動状況)

運命鑑定事例(活動状況)

「運命の人」などいるわけもなく、「幸せな結婚」というのも極端に難しいのか?。

幸せな結婚?
「運命の人」などいるわけもなく、「幸せな結婚」というのも極端に難しいのか?。
(早稲田大学国際教養学部 森川友義教授著より)
 
理論的には、現代社会の一夫一婦制のもとでは、
結婚というのはいずれ破綻せざるをえないと結論できる。
もし、結婚生活が充分満足で、
10年以上経っても奥さん(なり旦那さんなり)を愛していると公言できるとしたら、
それは奇跡的に素敵なことでだ。
浮気をしない夫婦はわずか数%
恋愛感情が長続きしないから
男女の資産価値の変動があるから
掃除・炊事・洗濯が手抜きされる本当の理由
家事の独占は腐敗を招くから
『手遅れになる前に、幸せになるための離婚(「離幸」と呼ぶ)を真剣に考えてみることをお勧めする』
と言う話なのだが、理論や説教は色々あるだろう。
 
しかし、私が思うには、『運命の人』『幸せな結婚』は
そんなに難しい事では無い様に感じる。
今『幸せ』な方は悩みもしないし、相談にも来られない。
 
私が鑑定させて頂いた方々で『幸せでは無い結婚』のお悩みの原因には2パターンある。
①もう既に間違った結婚をしてまっていた、お互い相手を間違ってしまったから。
②相性は合っているけれども、どちらかの、もしくはお二人共の運勢時期が宜しくない。
というパターンなのだが…悲しいかな、大多数方が ①のパターンだ。
間違ってしまったのであればやり直す方が良いと思う。
今の時代はもう、結婚は『我慢・忍耐』の時代では無いとも思っている。
 
では、何故人は間違った相手を運命の人と思うのだろうか?
しかし琉球四柱推命では、『間違った相手=運命の相手』とも見ている。
どおいう事?!…と思われるでしょう。
それは、歴史は繰り返されるという事だ。
鑑定させて頂いた処、見事に『10年毎に起こる3年間の不和の時期』
という時期に結婚しちゃった方が多い。
その様な『不和の時期』には、前世のカルマ(業)が発動してしまい、
”理性”の働きが利かなくなり、前世で惑わされた相手と再び同じ過ちを繰り返す。
というスピリチュアルな現象が起こるのだ。
人間の悪癖は生まれ変わっても治るモノでは無い。
相性が合っていないのに何故か引き付け合う。
人間とは実に、良い方向へ行く事には苦労するものだが、
悪い方向へ落ちるのは容易い事だ。
しかし、その様な事態に陥る方のほとんどは、家庭そのものにも何らかの問題がある。
家族ぐるみで修正をかけなければならない大規模改革を要する。
それは各々が自ら気付いて、率先して直さなければならない、
とても重要な運命の道筋なのである。
出来る限り悪いカルマ(業)は作らない方が良いに決まっている。
そのような相手と結ばれないように、上手く逃れる事が出来るならば、そう有りたいモノだ。
目の前に争いの業が見えているのに、自ら飛び込んで行くなどと…
自殺行為も甚だしく思う。
例えが悪いけれども、『馬鹿は死ななきゃ治らない』は嘘だと思う。
死んでも治らないのだ。現世の間に直しておかねばならない課題なのだ。
 
それでは、パターン②の場合はどのような事態だろうか?
理性というものが働く人間には、又理性が働かない時期もやってくる。
運命が試される時期である。
今まで優しかった人が、急に怒りっぽくなったり、まるで人が変わってしまうのだ。
良からぬモノに傾倒したり、最悪の場合犯罪に手を染めてしまう事もある。
事件、事故、病気等、あらゆる災厄に見舞われる事が起こり得る。
また、人間は自我と感情を持つ生き物だ。
その自我と感情がコントロール出来なくなる時期もやって来る。
それらの抑えが利かなくなると、
人道から外れた事や対人的なトラブルが発生しやすくなる。
自分以外の人間を拒絶し、否定する気持ちに陥るのだ。
「この人、どうしちゃったんだろう?」…全く意思疎通が取れなくなり、
「あの人は変わってしまった…」と気持ちが離れて行く。
しかし、それらは一時的な事、天体の動きにより、その人の守護星が、
明るい太陽の光を受ける事が出来ない位置にある事によって起こり、
脳内にマイナスのエネルギーしか得る事が出来ない一過性の現象なのである。
「変わってしまった」のではありません。
元々持っている基本性格は何も変わりません。
ただ、『星の位置』が悪いだけです。
のど元過ぎれば何とか~と云う様に、時期が来れば、嘘のようにケロッと戻ります。
それが解らないがゆえに、右往左往させられているでけなのです。
その時期・状態が解っていれば、理論として可視化する事が出来れば、一目瞭然です。
元々は相性は良いのですから、乗り越えられますよね!
闇雲に嫌うのではなく、相手の状態を理解して受け入れるのも、さりげなくサポートするのも、
良いカルマを形成する為の行動だと私は思うのです。
折角、良き相性の方と結ばれたのだから、そんな事で終わってしまうだけでなく、
お互い悪いカルマ(争いの業)を作ってしまうのは非常に残念だと思います。
 
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマン氏曰く、
「中でも特に大切なのが感謝の気持ちである。
ポジティブなやり取りがネガティブなやりとりに対して5倍多ければ、
離婚の確率が低くなる。おろそかにしてはいけないものとして、
ちゃんと認識しておいたほうが良い」という研究分析もされている。
 
カルマがカルマを呼び込む、それが悪い運の通例なのです。
しかし人間は知恵(四柱推命など)を使ってこのような状況を悟り、
自らが不幸の道に落ちこまないように意識して生きる事が出来る。
 
琉球四柱推命の門を訪ねて下さい。
「運命の人」も「幸せな結婚」も運命の見方一つで出会う事は出来ますよ!
 

コメント

鑑定士
scheherazade
(シェヘラザード)・澤村

鑑定士 scheherazade(シェヘラザード)・澤村

四柱推命鑑定士の父親の元に産まれ、父亡き後、世界を放浪しながら自らの運命と魂のルーツについて独学。2011年に琉球四柱推命に出会い、八島高明師匠に師事する。亡き父の意思を継ぐべく四柱推命鑑定士としての活動を決意、現在に至る。

お問合せ

『運命を良くするには
自分のmindをgoodcontrolする事です』

運命には法則性が有るということを理解し、 自分の運命の流れを知る、そして良い方向へ改善しようと努力することなのです。

モバイルサイト

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトQRコード

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 琉球四柱推命のオフィスファル
  • BASE
  • line_at
  • 0000338245.jpg
  • フェイスブック

『嵐の中で君に向けた歌』
Half time Old
おすすめの歌です。



師、曰はく『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』という事

人生には「運命の周期変化」といわれる重要な法則があります。それは10年ごとに訪れます。
その急な変化があった時に、「祟り」等の霊的な事だとか「方位が悪い」とか、何かのせいにしてしまいがちです
そう言った事も、有るかもません。例えば金縛りに会うとか?何かを見た!とか?しかし、そう言った事も科学で解明されているようです。各個人で生じる「運命の周期変化」を琉球四柱推命でも、学問として証明出来る事が可能になっています。