琉球四柱推命 天方夜譚(scheherazade シェヘラザード)運命鑑定所

あなたの天命を見つけよう!!!人生に悩める方、向上を求める方の運命コンサルタント

0000360409.jpg

HOME ≫ エッセイ

scheherazade's essay

『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』というお話しから

六条御息所
琉球四柱推命の師、曰はく
『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』というお話しから
 
世に『片頭痛持ち』の方は非常に多いと思います。
私もそうなのですが…年齢と共にひどくなって参りまして…月一で脳神経科医院へ定期検診に行っております。
年間通して重い時期、軽い時期有りまして…
ある時、『充分な睡眠が取れていない』と感じ、先生に話をしたとき「あ~、金縛り合うやろ?」とズバリ言われました。
「私は科学者だから、霊とか信じませんけど、そういうのも科学で証明されてる事象ですから」と言われました。
子供の頃から『金縛り』になってたのは『寝られてない事』が原因だったのか…
そう言われれば納得出来る状態がほとんどでした。
今思うと、子供の頃から意外にも神経質な質だったんですよね…自分で認めようとしなかっただけで。
神経質よりも楽天的のほうが聞こえが良いから、自分で無理に楽天的を気取ってましたが…
深層心理は『寝られなくなる神経質タイプ』だった訳ですね。
 
そしてある日、仲間内雑談中「友達に霊感のある人が居て、見えると言っていた」という話で盛り上がりました。
私はすっごい怖がりで『お化け屋敷』などという処なぞへは絶対に行きたくない。
嘘モノだと分かってても嫌だ。
無理やり連れて行かれても、目を瞑って手を引かれて進んでいるだけなので、入場料の無駄でしかない。
そんな余計なモノが見えるなどと・・・冗談ではない話である。
が、怖いもの見たさと好奇心の塊なので、そういう話は好きである。
「えぇ~?!」「きゃぁ~!!」などと怪談話に興じていた時、
ある人が「前に”見える”って云う人がさぁ、”憑いてるよ、前付き合ってた人に何か悪いことした?” って言われたことある」と言い出した。
「?!?!」
「って言われて、”でも言っても信じないからこれ以上はやめとく”って言われたんだけど」と・・・
「ぎゃぁぁぁぁ~~~~!!!」と大盛り上がりしたのだが(言い逃げの途中切りもモヤモヤする)
私は心の中でハッッとした。
当の本人には言ってないけども、その人の前世に『異性とのトラブルがあった』というのが出ていたのだ。
そのような訳で『今生でも異性に苦手意識が有り恋愛がしにくい』という卦があり、
なかなか異性交友が上手くいかない様子だ。
 
琉球四柱推命では『命式』と言われる運命の深層心理図というものがある、
そこから、現在過去未来の心理図を読み解くのですが・・・
 
『見えてる人』って何がどのように見えているのか分からないのですけど・・・
四柱推命の運命上の深層心理は手相、人相、オーラに出る。
と有るのでソレを見ているのかもしれない…
 
そこで、昔の知り合いの話を思い出した…
とある処でお知り合いになり、個人的親密なお付き合いをすることに相成った訳なのですが…
デートの度に体調不良になられて、気の毒でしょうがない。
親密なお付き合いも中々進展しないので、徐々に自然消滅した。
と私は思っていたのですが、私の友達の友達とのお付き合いが進展されていると話が流れてきた。
でも、彼の方は私と完全に切れたワケでは無いから、気にしてソレ以上進めないらしいと友達が言う。
「全然交際を進めて下さい!」と伝えて貰った。
が、しかし今度は新しい彼女さんが体調不良に…
 
そんなある日、新しい彼女さんが『霊的不思議体験』をしたと言う。
友達内に霊感あるという方がもれなく現れて、見てもらう事になった。
京都と滋賀県の境にある”あの有名な山”へ向かった。
私達運命鑑定士でも一目置く『修業を積んだ本物の霊感を持つ方』に会う為に!…
どうやら『生き霊』に憑かれていると言う。
まぁ、比較的異性に好感を持たれる方だったので、その辺りの交遊関係が広い方のようだった。
何時からか異性に怨みをも抱かれるに至ったようだ。
丁度『源氏物語・六条御息所の巻』といった処であろう…
 
今にして思えば、そういうことなんじゃないか?と思える。
霊感があるという人が見たものと、琉球四柱推命で見た『前世のカルマ』が同じだった。
話を聞いているだけでも大体の状況とカルマが見えてくる。
と、いう事は…私自身も『見える人』?!
そんな訳はありません。
では、何故新しい彼女さんが『霊体験』をしたのに、私は大丈夫なのだろうか?
霊感を修行された”ソノお方”が言うには、私は何かに守られており、
生き霊さんが出られなかったらしい…何とも不可思議な話だ。
確かに私の手相には仏眼がある…(良かった)
 
師匠の説く霊学によると
『人の想いや過去の記憶、動物、植物の霊的存在者、あるいは想像もつかない魑魅魍魎などの存在者、さらには悪魔といわれるような現象世界の覇権を狙う邪悪な存在者などもおり、こうした世界は非常に危険な世界でもあるのです。こうした存在者たちは人間達を利用しようと画策しており、その隙を常にうかがっているのです。霊感に対する正しい考え方は、運命が健全な状態にあるときは、こうした存在者たちから守られており、また理性の合理的な判断力があるために、それほど危い誘惑に陥ることはありません。しかし、周期の変化によって理性機能が極度にマヒするときに、運命に重大な危険が及ぶのです。理性がマヒして一時的に心の隙間ができるとき、彼らは心の影を利用してその人物に近づいてくるのです』と云う。
 
怖い話をすると、魑魅魍魎のワルい何かが寄ってくる。というのも、ソコなのかもしれない。
 
師匠曰く
『ただ、霊感をもって、すべてがそうしたものとはいえない部分があります。ここで大事なことは、本物の霊感と危い霊感をきちんと見極めなければならないということです』
 
琉球四柱推命では「何故か物事が上手くいかない」というお悩みの方に、
諸悪の根源は何か?を見つけ出し、
深層心理の偏りをお知らせして、自己心理の向上を図って頂いている訳です。
言わば心理学・脳科学的な21世紀の深層心理学という学問なのですが
 
今にして思えば、父親が亡くなった辺りを序章として、
妹が亡くなった時期には、姉に私に家族間にとって地獄絵図の様に感じる不幸続きだった気がします。
其所は確かに自分も、父も、妹も順番に周期の変化点が来て理性がマヒしていたのでしょう。
魑魅魍魎の何かが山のように押し寄せてきて?
自分でも「このままこの環境下に居ては良くない」感じを受けていたように思い出されます。
時々人から「あんた霊感あるやんなぁ」と言われますが、
たぶんそれは、長年父から聞かされた運命に於ける考察と理屈が頭にちゃんと入っていたのでしょう。
霊感とされるモノに置き換えるならば、その方から発せられる思念を見ているだけです。
そう思った時、『命式』を持って検証してみると、やはり宜しくない運気の中で低迷されている…
という結果が必ず出てきます。
 
細田守監督作品の『バケモノの子』に出てくる九太(蓮)vs一郎太の感じであろう。
一朗太の念道力は心の闇や九太に対する妬み嫉妬から来る宜しくない呪詛的な力であると云う。
『源氏物語の六条御息所』もしかりである。
 
『家族、又は周囲の人達の不幸は、必ずしも霊感が出現し、魑魅魍魎の何かを呼び寄せた人間の責任ではないでしょう。それは家族に定められた宿命でもあるのです』(師匠談)
 
色々な学者さん達がどんなに研究しても地震は余地出来ないと聞きます。
しかし、琉球四柱推命では運命上の危険な時期予知は可能となっています。
前以ての防災対策を確実にしておきましょう!
自分、家族、周囲の人達の危険周期の予知が出来れば幸せな人生も見えてくるでしょう。
そして、その時の為に、メンタルも強くあるべきです。
 
『良き運命を導き出す最良の秘訣とは?マインドをgoodcontrolする事です』
まず、自分自身を見つめ、運命には法則性が有ると理解し 自分の運命の流れを知る、
そして良い状態へと意識的に改善しようとする事です。
という処へ繋がります。
心を強くするという事は、あらゆる不運・不幸・心の闇から身を守る最大の方法なのです。
 
そして次の段階として・・・何をも恐れない、挫けない自分で有る為に、
『強いメンタルを手に入れる為には?』へと、つ・づ・く!!!のです。
 

コメント

鑑定士
scheherazade
(シェヘラザード)・澤村

鑑定士 scheherazade(シェヘラザード)・澤村

四柱推命鑑定士の父親の元に産まれ、父亡き後、世界を放浪しながら自らの運命と魂のルーツについて独学。2011年に琉球四柱推命に出会い、八島高明師匠に師事する。亡き父の意思を継ぐべく四柱推命鑑定士としての活動を決意、現在に至る。

お問合せ

『運命を良くするには
自分のmindをgoodcontrolする事です』

運命には法則性が有るということを理解し、 自分の運命の流れを知る、そして良い方向へ改善しようと努力することなのです。

モバイルサイト

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトQRコード

琉球四柱推命・天方夜譚(scheherazade)運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 琉球四柱推命のオフィスファル
  • BASE
  • line_at
  • 0000338245.jpg
  • フェイスブック

『嵐の中で君に向けた歌』
Half time Old
おすすめの歌です。



師、曰はく『ほとんどの事象・現象は四柱推命で説明がつく』という事

人生には「運命の周期変化」といわれる重要な法則があります。それは10年ごとに訪れます。
その急な変化があった時に、「祟り」等の霊的な事だとか「方位が悪い」とか、何かのせいにしてしまいがちです
そう言った事も、有るかもません。例えば金縛りに会うとか?何かを見た!とか?しかし、そう言った事も科学で解明されているようです。各個人で生じる「運命の周期変化」を琉球四柱推命でも、学問として証明出来る事が可能になっています。